RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
治療室un-do(アンドゥー)
西武新宿線野方駅より徒歩2分。賑やかな商店街の中にあるカイロプラクティックと鍼灸をベースにしている治療室です。       TEL/03-3310-8586
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

治療室un-do(アンドゥー)ブログ

<< ひとごと | main | 存在意義 >>
リベンジ
 29日、ドーハで行われたサッカーのアジア・カップ決勝戦で、日本は延長の末に途中出場の李忠成がゴールを決めて1−0でオーストラリアを破り、4度目の優勝を果たしました。まずは、おめでとうございます。
我が日本も、再三得点を許しそうな危ういシーンもありましたが、GK川島の素晴らしい攻守などで無失点に仕留め、彼の反射神経の良さに改めて感心しました。それになんといっても圧巻だったのは、前田に代わった李忠成が延長後半4分、芸術的ともいえる左足ボレーを決め、値千金の1点をもぎ取ったことに尽きます。
延長後半で無得点となると、いやな予感が漂うものですが、ザッケローニ監督の采配が見事に的中しましたね。昨日の李のようなボレーはめったに見れないと思います。オーストラリアの名GKシュウォーツァーも全く動けずといったところでした。
ここドーハは93年10月28日、勝てばW杯初出場が決まるはずだったのに終了直前でイラクに同点ゴールを決められ、予選敗退した因縁の地でもあります。今回は18年ぶりのリベンジとなりましたが、「江戸の敵を江戸で討つ」といってもいいのでしょうか。
高円寺・野方の腰痛治療・骨盤矯正は整体と鍼灸のアンドゥー
TEL03−3310−8586
| - | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.un-do.net/trackback/210