RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
治療室un-do(アンドゥー)
西武新宿線野方駅より徒歩2分。賑やかな商店街の中にあるカイロプラクティックと鍼灸をベースにしている治療室です。       TEL/03-3310-8586
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

治療室un-do(アンドゥー)ブログ

<< 存在意義 | main | 早桜散る >>
自己瀉血
 2月になってから雪が降ったり、暖かくなったり、アップダウンが激しいですね。
さて私事になりますが、今から1週間前、左手人差し指の頭の中指側に、何をしたわけでもないのに小さな血豆ができ、気になっていました。日増しに血豆が大きくなってゆくので、思い切って針を刺すと、ピューっと勢いよく血が出、しばらく出血が止まりませんでした。
さすがに怖くなり、左腕を心臓より高い位置に置いたり、指の第一関節をゴムできつく縛っていると2時間ぐらいで止まりましたが、止血しなければ更に出続けていたと思います。その翌日も、かさぶたの下に血溜まりができており、また血を抜くと今度は数十滴ほどで止まりましたが、その後は身体がラクになり、血豆も通常のかさぶたになりました。
まあ一種の瀉血療法になりましたね。特に自覚した不調があるわけではなかったのですが、自浄能力が働いたのでしょうか。人間の身体はよくできたものですよ。これは東洋医学的にいうと、「瘀血(おけつ)をとる」なんて言い方をしますが、要するにデトックスというか毒抜きみたいなもので、最近では福田稔医師の「刺絡療法」が有名です。
私も瀉血は初めて体験しましたが、女性に毎月自然瀉血があるように、男性にも周期的にあればもっと健康的に過ごせるのかな、なんて考えさせられる出来事でした。
高円寺・野方の腰痛治療・骨盤矯正は整体と鍼灸のアンドゥー
TEL03−3310−8586
| - | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.un-do.net/trackback/212