RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
治療室un-do(アンドゥー)
西武新宿線野方駅より徒歩2分。賑やかな商店街の中にあるカイロプラクティックと鍼灸をベースにしている治療室です。       TEL/03-3310-8586
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

治療室un-do(アンドゥー)ブログ

<< 不要不急 | main | 地盤脆弱 >>
地盤堅固
 4月14日号の週刊文春に「大地震に強い町、引っ越してはいけない町」というタイトルで記事が載っていました。その中で、重要と思われる文章を抜粋します。
「一般的に建築基礎地盤として良いとされる場所は、洪積台地だという。約百八十万年前から約一万年前に低地や浅海底であった場所が隆起して形成された高台で、段丘とも呼ばれる。
一方、地盤が弱いのは、隣接する河川や海・湖などの水面からの高さがなく、河川や海が運んだ土砂が堆積してできた場所。こちらは沖積低地と呼ばれている。」(文春記者)
また、東京都土木技術支援・人材育成センターによると、「東京は、京浜東北線を境に東側が低地、西側が高台の山の手に分かれます。
比較的安全な西側は、関東ローム層という火山噴出物が粘土化した地層が広がっており、揺れに強い。ただし、有楽町と品川周辺は沖積低地のため地盤が弱く、多摩川などの大きな河川の周囲は、液状化の危険があります。上野、巣鴨、板橋は周囲に比べて高台となっており、いい地域です。また、立川には断層がありますが、ここも液状化はしません。
逆に地盤が弱い地域は、足立区の南部、墨田区、葛飾区、江戸川区など河川の流域にある場所です」だそうです。

行政機関・専門家の意見を元に作成した「地盤が固い地域」とは

札幌市中央区円山・宮の森
宮城県仙台市青葉区
東京都京浜東北線以西(上野、巣鴨、板橋、大田区田園調布など)
さいたま市浦和区、大宮区、中央区(さいたま新都心)、飯能市、秩父市
千葉市緑区、市川市(本八幡)
横浜市都筑区港北ニュータウン・青葉区
群馬県前橋市、高崎市
愛知県名古屋市中区錦・栄、緑区徳重、名東区一社・上社
兵庫県神戸市須磨区、芦屋市
福岡県福岡市中央区桜坂、博多区月隈、早良区藤崎・入部、宗像市
沖縄県だそうです。

「地盤が軟らかい地域」については後日述べます。参考になさって下さい。
http://un-do.net/
TEL03−3310−8586
| - | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.un-do.net/trackback/216