RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
治療室un-do(アンドゥー)
西武新宿線野方駅より徒歩2分。賑やかな商店街の中にあるカイロプラクティックと鍼灸をベースにしている治療室です。       TEL/03-3310-8586
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

治療室un-do(アンドゥー)ブログ

<< 第三の目 | main | 美は健康 >>
身近に毒
 http://un-do.net/高円寺・野方の腰痛治療・骨盤矯正は整体と鍼灸のアンドゥー
TEL03−3310−8586

今回は毒性が高く、使用基準も厳しく定められている?添加物について、いくつか述べてみます。ただ、そういわれているにもかかわらず、これらは普通にスーパーやコンビニで売ってる飲食物のほとんどに入ってるんですよね。
なにしろ天然には存在しないものばかりで、安全性を疑問視する声もあり、研究者も論文によって発表しているぐらいですから。
合成着色料・・・赤102、赤3、黄4、黄5、青1、青2など
発色剤・・・亜硝酸ナトリウムなど
合成甘味料・・・サッカリンナトリウム、ネオテーム、アスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム、スクラロースなど
合成保存料・・・ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、安息香酸ブチルなど
防カビ剤・・・OPP、TBZなど
日本では、1960年代にサッカリンナトリウムやチクロといった合成甘味料の有害性について話題になった時期もありましたが、練り歯磨きなどには未だにサッカリンが入ってますし、最近ではこれらの添加物についてマスコミはまったく採りあげません。食品メーカーから金でも貰っているのでしょうか?
たとえば甘味料のアスパルテームは砂糖の約200倍の甘さがあり、砂糖よりもコストが安いため食品メーカーは儲かるわけです。しかし、アメリカの科学者の研究発表では、ラットにアスパルテームを投与した実験において、悪性腫瘍や神経障害の発症率が高いというデータが数多くあります。
私も化学調味料や合成甘味料が入っているものを摂ると吐くか、下痢をするので摂りません。自分の異変からこれらの添加物に関心を持ち、調べてみるようになったのです。皆さんも気をつけて下さいね。

アスパルテームの危険性を告知する映像http://www.youtube.com/watch?v=a7yS3b49ups
| - | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.un-do.net/trackback/226